ableton workshop dec.13 2017【ふろく付き】

▼前回レポート▼

 

【vol.002】ableton workshop nov.8

 

参加頂きましたみなさま、ありがとう!!

内容を「midiとライブセット」と限定的にした事でよりワークショップらしくw なってきましたね。

 

mamoru hamadaさんによる惜しみ無いライブセット時の設定公開

(ほんとに全部出してました。。イタリアンのシェフとかだったら致命的)

 

や、私も少し独自の方法を展開しましたが

 

 

各々「へぇー!」

「そんなやり方できるん知らんかった。。効率いいね」

「この部分いらんくない?ww」

 

「アホやろwwwwww」→私に向けていちばん多かった

 

 

などなどの意見交換をし、みんなとても興味津々

 

ライブセットはまだ現場でやったことがない・そもそもまだ曲を作れていないって人もいましたが、本当にみんな楽しそうでした。

普段「自分の使い方」以外を見る機会って少ないから、とても参考になるんですよね。このワークショップ。

 

せっかく

無料

 

なので

 

 

無料

 

なので、みんな次回は臆することなく参加してみてね!!

本当に見てるだけでも面白いと思うよーーーーーーーー( $ . $    )

 

そして、今回私は終了間際みんなにお伝えしました

 

▼課題▼

======================

AbletonWorkshop_02

======================

上記のリンクからmidiトラックをダウンロード

 

これを使って自由にLoopを作ってきましょう!!というヤツです。(もちろん次回参加者持参必須ではありません。聴きに来るだけでもオッケーです)

とてもシンプルなフレーズですが、technoにもHouseにもなんでも展開されようかという面持ちです。フムフム

 

私も悩みますねぇ。。

色んな人のが聴きたいですねぇ。。

 

ひとつの同じ【核】から、各々がどのようなフレーズを肉付けし個性をだしてくるか。楽しみで楽しみで今日はご飯にゆかりをかけました。

 

 

 

最小限のルールを決めます!

 

①音階だけ変えないで(オクターブ移動は可)

 

以上

 

あとは何をしてもよし!!!

ほんとうに誰でも参加ができて、楽しい場所であれば

このワークショップはどんどん成長して行くと思いますので

 

次回こそは!!!!という方も

 

ぜひ皆様

 

お待ちしておりますにゃん。

 

 

ableton≠restraint

words  takehiro_okuyama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です