TEACHERS

Toru Ikemoto – DJ / Producer /LIVE Performer / Sound engineer

クラブカルチャーに魅了され2000年に楽曲制作とDJをスタート、Hiphop、Drum’n’bass、Dubstep、House、Techhouse、Technoなどのクラブミュージックの基礎を自身のスタイルに取り入れその可能性を探る中、早くも2004年ドイツ名門レーベルMonoid Recordingsより楽曲をリリース、Techno、Minimalというジャンルにて可能性を発揮する。
2009年までにはスペイン、ロシア、ルーマニア、イタリアなど世界各国のレーベルよりリリースを重ねる中、”#CADFDF”と”16Sustainable”においては、生けるレジェンドであるRichie Hawtinも数々のclubでplay、またその他の楽曲においてもHito、Joseph Capriati、X-Press 2など数々のトップアーティストによりサポートを受け支持される。
2010年にはPlus Recordsのコンペティションにて入賞、2011年にはSven VathによるトップレーベルCocoon Recordings主催の日独交流150周年記念コンペティションにおいても入賞。
同年、オランダのオンラインミュージックマガジンに期待の新星としてインタビューを受け、2016年にリリースしたレコード”15such”は世界のDj専門誌Mixmagに掲載されるなどそのシーンでの功績は目覚ましい。
アーティスト活動を行う傍ら、2017年には”音楽の楽しさをたくさんの人へ”という強い思いを込め、大阪にDJと楽曲制作のスクールである”yell0w・イエロー大阪心斎橋校”を開校、またさらに深い知識の習熟にも力を注ぎ、マスタリングエンジニアとしての活動や、2018年にはアメリカ、ヨーロッパで高い人気を誇る楽曲制作ソフトAbleton Liveのオフィシャルトレーナーである”Ableton Certified Trainer”にも選出される。
その他にも様々なアーティストへの技術サポート、プライベートレッスンや、関西唯一となるAbletonの活動グループ”OsakaAbletonUsergroup”の運営、また東京、名古屋、福岡などの各地へ楽曲制作やマスタリングセミナーなどの登壇を行い、若き才能の育成にも力を注いでいる。

BEATPORT:https://www.beatport.com/artist/toru-ikemoto/136445

RA:https://www.residentadvisor.net/dj/toruikemoto/biography


takehiro okuyama – DJ / LIVE performer

dub technoを得意とする京都のクリエイター。17歳から作曲活動を開始、2年後には国内CM/番組ジングル/映画OP/REMIXCD等楽曲を市場へ提供するようになる。2005年:Toru Ikemotoとユニット活動開始。2007年:Umek,Len Fakiのリリースで知られる、ドイツのmonoid recordingsより1st EP、後の2009年には002EPをリリース。現在はソロ活動に移行しMONA records,Hypnotic Room,Selectry Recと各国数々のレーベルより勢力的に作品を発表。2014年:スペインを代表する世界的minimalアーティストAlex underにその実力を認められcmyk musikよりEPを発売。Heartthrob, Cesar Martinez等の世界TOPランカー達と肩を並べ、日本人プロデューサーとして異才を発揮する。2015年:hiroyuki arakawaを主体とする国内レーベル〔SPECTRA〕を発足し今後の日本におけるtechnoシーンを開拓する。

BEATPORT:https://www.beatport.com/artist/takehiro-okuyama/329307

RA:https://www.residentadvisor.net/dj/takehirookuyama


EISEN – DJ / Producer

幼少期より多くの音楽に触れ、音楽を聴く感性を自然と身に付けて育つ中、17歳でクラブミュージックに出会いその世界に引き込まれる。
本格的にDJ活動を開始してからは様々なパーティーでクラブミュージックを吸収し、独自のスタイルを築いてゆく。
主にハードテクノからブレイクビーツまで幅広いエレクトロミュージックを独自のフィルタを通してミックスしていき、こだわり抜かれた選曲と、丁寧なミックスが評価され、数々の世界的アーティストとの共演を果たす。
2016年からは関西を中心にTechno,Houseシーンを盛り上げるべく立ち上げられたビッグパーティー『SiiNE』のレギュラーDJにも抜擢され活躍の場をさらに広げ、2017年からは若手中心で構成されるテクノパーティ『PORTAL』をオーガナイズし注目を集める。
2018年から2019年にかけオーストラリアへ音楽留学し精力的にDJを行う中で、現地のオーディエンスから多くの称賛を得え、シドニー、メルボルン各地の大型野外フェスティバルなどへの出演を果たしその実力は間違いない。

SOUNDCLOUD : https://soundcloud.com/eisen_eisen_eisen

MIXCLOUD : https://www.mixcloud.com/EISEN_shota/

RA : https://www.residentadvisor.net/dj/eisen


Hogeko – DJ / Producer

2017年よりDJ活動を開始するも、その類稀なる才能は随所に頭角を現し、関東のGIGのみならずすでに海外公演をキャリアの中に収めている。
そのDjスタイルは他が表現を困難とする、人間の混沌と闇を形取るかのご如く、濃淡をあえてつけない浮遊感のある選曲を得意とする。
また優れた才覚は他の方面でも現れ、楽曲制作開始からわずか数ヶ月でFirst releaseとなる’’Kakusei EP’’のリリースを果たし、Second releaseにおいてはベルリン名門レーベルであるDreizehn Schallplattenより’’Kamihitoe EP’’をリリースしBeatport chart (Hard techno部門) 2位を獲得する。
今最も関西のテクノシーンをリードするアーティストであることは、認めざるを得ない彼女の次の活動に期待が高まる。

BEATPORT:https://www.beatport.com/artist/hogeko/742368

RA:https://www.residentadvisor.net/dj/hogeko


USAGI – DJ / Producer / MPC Player / Beat Maker

幼少期より音楽に興味を持ち、ピアノ・ドラムに触れて育つ。
2017年 大阪芸術大学 芸術学部 演奏学科 卒業。在学中からドラマーとしてのキャリアをスタートさせる。
Funk / R&B / Hiphop を中心に、様々なアーティストと共演。音楽活動を通して、”生演奏とテクノロジーの融合” に自身のテーマを見つける。2019年トラック制作プロジェクト’Juicy Hip Apartment’を開始し、ファーストシングルを同年10月にデジタルリリース。楽曲提供はもちろん、サーキットイベント出演や、アーティストのライブサポート活動など、メジャー・インディーズ 問わず幅広く参加。
またMPC Liveを用いたライブパフォーマンスは、ミュージシャンのライブスタイルに新たな可能性をもたらし、各所で話題となる。DJの活動においては、TechHouseを表現の場とし、その類まれなリズム感を活かしたDJスタイルが評価され、デビュー直後にも関わらず数々の海外DJとの共演を果たす。
ブラックミュージックをルーツとする彼女のセンスは、ジャンルを問わず、ビートへのこだわりを感じさせ、独自の感性で音楽を紡いでいくそのアプローチからは目が離せない。今後の音楽シーンを担う、注目の若手ミュージシャンの一人である。

SOUNDCLOUD: https://soundcloud.com/ayausami

RA:https://www.residentadvisor.net/dj/usagi